基礎英語長文問題精講は使ってはダメ?レベル解説と正しい使い方

基礎英語長文問題精講
この記事を書いている人
よなたん(与那嶺隆之)
偏差値38の状態から参考書学習による独学で早稲田大学に合格。受験生に効率の良い勉強法を伝える「独学ラボ」を運営。参考書・勉強法研究家。自身で学習塾を経営する傍ら、あらゆる学習塾・予備校のコンサルティングも請け負う。

先生におすすめの長文問題集を聞いたら『基礎英語長文問題精講』をオススメされたので使ってみたけど、難しくて全然使いこなせない。

そんな人はいませんか?よく書店で平積みされているベストセラー英語長文問題集の『基礎英語長文問題精講』は実は使いドコロが非常に難しい参考書です。

基本的には使うべきではない、くらいに私は考えています。同じように『基礎英文問題精講』もオススメしづらい参考書です。

その理由や正しい使い方などを解説いたします。

スポンサーリンク

基本スペック

  • [ジャンル]英語長文問題集
  • [問題数]50題
  • [難易度]難関レベル
  • [必要学力]センター8割、マーチが読める
  • [到達レベル]マーチ合格点
  • [勉強期間]1ヶ月
  • [使用目的]問題演習のため
  • [勉強目標]各英文をスラスラ読める、根拠を持って解凍できる
  • [対象者]難関大受験生

基礎英語長文問題精講は難しい

このシリーズは昔からあり有名なので、学校の先生から薦められることも多いと思いますが、使う前に注意点がひとつ。

基礎精講は「基礎」とは書いてありますがマーチレベルはあります。

センターレベルの語彙は超えているので、センターで8割も取れない人がやるとなかなか上手く使えないでしょう。

ぶっちゃけ昔からあるからといってこのテキストを薦める先生は最近の入試傾向も参考書事情も知らない人だと思うので、気にせずCD付きの問題集を使いましょう。

使いやすく学習効率の高い問題集はたくさんあります。

スポンサーリンク

同じように、基礎英文問題精講もハイレベルな解釈書なので、使うときには注意して下さい。

無印の『英語長文問題精講 新装版』はもってのほか。今の入試レベルならまず不要の問題集です。

センター8割以下の人なら『入門英語長文問題精講 改訂版 (必修問題精講)』の方がいいでしょう。

精講を使うならまずここから

語彙レベルは4000語は普通にあることが前提。システム英単語の3章、キクタン6000などを覚えてから取り組んだほうがいいでしょう。

解釈で言うと技術70、基礎解釈技術100などを終えてから取り組んだほうがスムーズにやれるでしょう。

使い方

  1. 問題を解く。単語は辞書で調べても良い
  2. 解説を読む。自分の考えた根拠が合っていたか確認する
  3. 本文と和訳を照らし合わせる。本文を繰り返し音読する
  4. もう一度問題を解く。根拠を持って答えられるか確認する

スポンサーリンク

基礎英語長文問題精講

参考になったらぜひシェアをお願いします!

10 件のコメント

  • 入門英語長文問題精講を持っているのですが、どのタイミングで使えばいいでしょうか?使い方や繋げ方などもあれば教えて下さい。

    • 必修は英文解釈なので、なるべく早い段階でやるといいですよ!
      基本的な英単語英熟語覚えて、基礎的な英文法がわかっていれば取り組めるはずです^^
      その辺できてるなら今すぐやっても大丈夫ですよ!

  • 英語長文問題精講を使い始めようとしているのですが、英文を読みながら文章に括弧などをつける癖があり、本に直接書き込んでしまうと復習時によくないのではないかと悩んでおります。問題の英文をコピーをしてその紙に書き込むか、本に直接書き込んでしまうかの二択で迷っているのですが、その他の案も含め、何かご意見いただきたくよろしくお願いいたします。

  • 現在高1の新高2の者ですが、基礎英文問題精講を終えて、長文の読み込みをしようと考えています。問題を解く形式よりも、速読英単語のような読み込んでいく形式の方がよいのですが、良い問題集があれば教えてください。
    志望は難関国公立レベルです

    • どっちもやったほうがいいですよ!!難関ならなおさらです

      速単必修+英語長文レベル別問題集とか、ハイパートレーニングとか、キムタツ式などCD付きのものがおすすめですね!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    与那嶺 隆之

    高3の9月から勉強を始め(当時偏差値38)1年間の自宅浪人を経て早稲田大学に合格。その後も勉強を続け勉強法を研究し、予備校に通わず参考書で合格する方法をブログやメールマガジンで発信している。