5/27@東京 英語速読セミナーやってきました〜(感想有レポ)

この記事を書いている人
よなたん(与那嶺隆之)
偏差値38の状態から参考書学習による独学で早稲田大学に合格。受験生に効率の良い勉強法を伝える「独学ラボ」を運営。参考書・勉強法研究家。自身で学習塾を経営する傍ら、学習塾・予備校のコンサルティングも請け負う。

こんにちは!与那嶺です。
先週の土曜日に東京で英語速読のセミナーをやってきましたよ〜。

スポンサーリンク

当日の様子

今回は「英語速読法」というテーマで、
センター試験英語2017年第6問を題材に、

いかに早く読み、早く正解を選ぶか、
という速読速解力を高めるために必要な思考法を解説しました。

2017年の第6問は割りと素直な設問が多く、
設問文(リード文)と対応するSVや単語に注目すれば
キーセンテンス(正解の根拠になる文)がすぐに見つけることができます。

ただ、「根拠の要素が2つ必要になる」設問が2問ほどあり(問1と問4とか)
その問題に引っかかった受験生はけっこういるんじゃないかな〜と。

選択肢を見る前に、解答の根拠となる情報を整理してから
アプローチすれば特に問題なく解けるかと思いますが、

今回はそのあたりを含めて「素早く正解の根拠となる要素を探し出し
素早く回答する」という速読法の『感覚』をお伝えしてみました。

こういう『感覚』の部分ってなかなか文字や動画だけでは
お伝えできないので、実際に会って直接聞くというライブ感もなかなか大事だよね。

通信コース生には録画もお届けしようかと思うので(音質が良ければ)
また楽しみにしててくださいね〜。

 

セミナー後には、ぼくの行きつけの白金高輪台のカフェでお茶会。
白砂糖無添加、化学肥料など一切不使用のこだわりの茶葉でひいた紅茶や
薬膳茶とデザートを楽しみながら、受験談義をしました。

ブログやメルマガではなかなか話せない「ヤバイ話」をたくさんしました(笑)

フルーツソーダハーブティーやミルクティーを飲みながらリフレッシュ。

白砂糖不使用。身体にもやさしいプリンに女の子たち(とぼく)は歓喜の声を上げていました(笑)

身体が芯から温まる薬膳茶もとてもおいしい。

お茶会の場もとても楽しい場となりました。
来てくれた方はありがとうございました♪

 

感想

長文などただ読めないと思っていたことが多いので参考になりました。
また評論文などにがてだったので理論を学べたので良かったです。
機会があれば参加したいです。

 

いろんな話が聞けてよかった。長文を解く時の思考や解き方を聞けて実践していこうと思った。充実した時間でした。

よなたんさんの熱・パワーを体感できてよかった!速読について誤解していたのでよくわかってよかった。
今からでもワクワクします!英語が好きになりそうです!はやく家に帰って復習したい!!!

 

今までのセンター第6問への解き方、思考回路が間違っていたことが今回のセミナーでわかったのでそれが一番良かったです!ためになりました。ありがとうございました。

 

 

 

 

論理展開のためになる考え方をしっかりできていなかったので、クワイs区どう考えていくか、どう目をつけるかを学べて良かったです。これなら自分でも第6問を10分以内で解けるようになれると思えました。あと、英語以外の余談など聞いて、それもすごくてその話で自分の感覚が変わりました。

 

今まできにしたことがないことがあり、すごくタメになりました。長文は苦手意識があったけど、けっこう簡単だなぁと思いました。特に英文を全文読む必要が無いことに感動しました。またセミナーを受けようと思います。

 

今日実際に聞いていて、思わず目からウロコでした。今までは本文は最初から最後まで必ず目を通さなきゃならないものだと思っていたので正直びっくりしました。ぜひともものにして10分で解けるよう頑張ります!

 

 

 

 

 

できる人は、こういう思考回路をしているんだなと思いました。ムダな所は省いて、骨格をしっかりつかむことが大事だとわかりました。今日の内容をしっかり実践して、自分の身体にしみこませていこうと思いました。いい話をきくことができてとても良かったです。

 

今まで知らなかった解き方がわかりました。これから今日聞いたことをつかって解いていこうと思います。ありがとうございました。

 

前回と同様、とてもタメになるセミナーだった。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

参考になったらぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

与那嶺 隆之

高3の9月から勉強を始め(当時偏差値38)1年間の自宅浪人を経て早稲田大学に合格。その後も勉強を続け勉強法を研究し、予備校に通わず参考書で合格する方法をブログやメールマガジンで発信している。