青木世界史B講義の実況中継 シリーズ解説と使い方

青木世界史B講義の実況中継②
この記事を書いている人
よなたん(与那嶺隆之)
偏差値38の状態から参考書学習による独学で早稲田大学に合格。受験生に効率の良い勉強法を伝える「独学ラボ」を運営。参考書・勉強法研究家。自身で学習塾を経営する傍ら、あらゆる学習塾・予備校のコンサルティングも請け負う。

NEW青木世界史B講義の実況中継 (2) (The live lecture series)今回は青木先生のベストセラー『NEW青木世界史B講義の実況中継』シリーズをご紹介する。

ナビゲーター世界史B』シリーズと共に、世界史の理解本として初級者におすすめされることも多いが、実は初級者には難しい参考書だったりする。

本シリーズのレベルや正しい使い方を解説する。

『青木世界史講義の実況中継』とは

 

  • [ジャンル]流れ理解本
  • [問題数]全5巻(第5巻は文化史)
  • [難易度]難しめ
  • [到達レベル]教科書知識はある⇒難関レベルの細かい流れ・用語がわかる
  • [勉強期間]受験生なら2か月~3か月
  • [使用目的]世界史の細かい流れを理解するため
  • [勉強目標]各時代の細かい流れがわかる(サブノートを完答できる)
  • [対象者]難関私立大学受験生

『青木世界史B講義の実況中継』は難関私立大学の受験生に向く、細かい流れや用語を理解するための講義本だ

全5巻で、第5巻は文化史対策となっている。

ナビゲーター世界史Bの使い方|独学で通史をする方法』でも解説したが、実況中継シリーズは実は初級者の通史には向かない。文量が多いし、用語のレベルも高いからだ。

特に実況中継はナビゲーターよりも用語レベルが高いので、難関大学の受験生が細かいところまで突っ込んだ理解をしたいときに使うと良いだろう。

スポンサーリンク

『青木世界史B講義の実況中継』はCDが最大の魅力

なんといっても、青木実況中継はCDがついているのが良い。

このCDは青木先生が各冊の概要、歴史の流れをおおざっぱに解説しているのだが、何度もCDで聴くことによって流れを完全に覚えることができる。

特に、近現代の3巻と4巻はナビゲーター派の人も使ってもいいだろうCDを聴くだけでも買う価値は十分にある。

私は近現代がかなり苦手だったので、実況中継の④巻を買って、CDを毎日寝る前に聞いて寝ていた。

CDの収録時間はおよそ1時間程度で、寝る前の1時間を1か月毎日聞いたことで、現代分野がかなり得意になった。 

『青木世界史B講義の実況中継⑤』は文化史対策の導入として優秀

『NEW青木世界史B講義の実況中継 (5)』は文化史対策本なのだが、比較的易しめなのでセンターレベルからマーチレベルの文化史対策に向いている。

早慶上智の世界史文化史対策としては『佐藤の世界文化史一問一答』がおすすめだが、これはかなり細かい用語まで収録しているので、1冊目に実況中継を挟んでおくと良い。

文化史が苦手な人でも、CDを何度も何度も聞いていれば自然と覚えられるようになる。個人的には青木先生の文化史の小話がけっこう好き。

クラシック音楽のCDがけっこう自宅にあったので、青木先生が解説する音楽家のCDや楽曲を勉強中によく聞いたものだ。

スポンサーリンク

青木世界史B講義の実況中継②

参考になったらぜひシェアをお願いします!

15 件のコメント

  • 慶應義塾法学部政治学科 ほか文系学部志望の宅浪せいです

    流れ図を今月は結構やったのですがまだ覚えていないところがあるので8月にZ会一問一答 を覚えながら実況中継をやり流れ図を復習していきたいと思います

    ナビゲーターの使い方を見たのですが全体を読むよりわからないところを見ていくと書かれていましたがそれは実況中継も同じでしょうか?

    全部一気に時間をかけずに読むを繰り返すのでしょうか?実況中継を用語を覚えるようで使うものではないと思うので

    CDは別に聞いています

    • >慶應志望さん:「分からない所だけ読む」「全部通読する」どちらでも構いません。時間があるなら全部読んでほしいですね。てか時間はあるでしょうから2カ月くらいで4巻全部読んでみましょう。それと並行で一問一答や流れ図を勉強していきましょう。

  • 実況中継のサブノートはどの様な使い方をすればよいのでしょうか?
    自分の今の使い方はサブノートの穴埋めと本文からいくつか書き足しをするという感じでやっていますが、この方法はかなり効率が悪いと思います。

    • >早稲田政経志望さん:僕はサブノートは必ずしも使わなくてもいいと思っています。上手く使えないなら、書き込み教科書や一問一答で読んだ範囲を暗記すればいいと思いますよ。

  • こんにちは。高2東大志望の
    者です。「学校のカリキュラムがかなり遅く、全て終わらせるのが試験ギリギリになってしまうから自分で進めておかないとダメだ」というアドバイスを先輩からもらったので、講義系の参考書を購入して先取りでやっていきたいと思っています。
    実況中継も候補の一つなのですが、2015年に改訂されてかなり変わったと聞きました。どのように変わったのかご存知でしたら教えていただきたいです。

    • >るるるるさん:うーん細かく見てないので分かりませんが、世界史は世界史ですし数学のような決定的な変化はないと思うので大丈夫かとおもいますよー!

  • 今から実況中継を1週間で終わらすのと同時進行でその読んだ範囲を塾のテキストを読んで
    一問一答に励むのでもいいですか?

    • >wrdさん:実況中継一週間で全部出来ますかね?出来るならそれでOKです!塾のテキストあるなら一問一答までやんなくてもいいかなーと思います。それよりもセンター過去問とか問題演習をしたほうが知識のモレがわかりやすいし「試験で使える覚え方ができてるかどうか?」がわかるので問題を解くことをオススメしますよ!

  • いきなりすみません
    センターでしか世界史を使わないのですが、青木の実況中継はレベルが高いですか?
    また、他にいい教科書系のものはありますか?

    • >おかきさん:センターだけなら実況中継はやんなくてもいいですね!『センター試験のツボ』とかで流れを把握した後に『流れ図』とか暗記したりセンター過去問いきなり解いちゃったりしてみてください!

  • 早稲田政経志望の高3です。
    世界史の勉強法に悩んでいます。
    定期テストはずっと世界史に力を入れていたので詳しく覚えていました。
    しかし3年になって英国に力を入れて、夏休みから勉強し直したので知識が抜けてしまいました。
    なので実況中継を読み直して流れを掴む→山川の用語集をやっているのですが東進の一問一答で暗記したほうがいいでしょうか?

    用語集で覚えるのは時間がかかるような気がします。

    また自分の決めた分野をある程度覚えたら実力をつける100題をやってそのあともう一度復習しています。

    • >もんさん:まずはあせらないで。抜けてるだけで一度勉強してるから思い出すのはそこまで時間かからないはず。
      東進の一問一答はマジで不要なので(英国完璧で世界史も政経で7割くらい取れてヒマになったらやるくらいのレベル。網羅し過ぎで9割以上の受験生は使いこなせません)

      で、学校の定期テストをベースにやっていたんだったら教科書やノートを復習するのを軸に。
      あとはセンター過去問を解いてみてください!センターは基礎だからムダな勉強しなくて済むし、
      早稲田政経ならセンター世界史で最低でも85、90超えをコンスタントに出せるように勉強してみてください。
      これは12月くらいまで。センター9割取れる力があればそこからの早稲田過去問やりこみオンパレードでグワッと上げられます。

      もちろんそれよりも早くやれればいいので、
      センター過去問本試験追試験全部をやってください。英国ある程度完成してるなら2ヶ月とかでやっちゃってください。

      100題はそこそこでOKです!あれもちょっとむずかしすぎるので(僕は7割くらいしか覚えられませんでした)

  • 今年センターを受験する者です。こないだにもコメントさせて頂きましたが消えていましたのでもう一度コメントさせて頂きます。
    今、青木先生実況中継の①②しかない教材を進めているのですがこちらの教材はセンターに合いますでしょうか?
    又①は2周ほどしたのですが不安なのでもう一周しようか迷っています。このまま②に進んだ方がいいのですか?

    • >ふくださん:理解用の本ですからセンターも私立もないっちゃないです。たしかに難関向けではありますがセンターにはムダかといえばそうでもありません。普通にやりましょう。
      1周してマスターしたなら次に行けばいいでしょう。
      僕なら1をザーッと復習しながらも2へ行きます。

      復習し過ぎでも前に進まないし復習しなさ過ぎでも定着しないのでダメ。両方やりましょう。調度良い塩梅は自分で考えながらやるべきで絶対解はありません。頑張ってください!(`・ω・´)ゞ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    与那嶺 隆之

    高3の9月から勉強を始め(当時偏差値38)1年間の自宅浪人を経て早稲田大学に合格。その後も勉強を続け勉強法を研究し、予備校に通わず参考書で合格する方法をブログやメールマガジンで発信している。