中学英単語の覚え方|1000語を自分でサクサク覚える方法

英語と男性のシルエット
この記事を書いている人
よなたん(与那嶺隆之)
偏差値38の状態から参考書学習による独学で早稲田大学に合格。受験生に効率の良い勉強法を伝える「独学ラボ」を運営。参考書・勉強法研究家。自身で学習塾を経営する傍ら、あらゆる学習塾・予備校のコンサルティングも請け負う。

英単語を覚えることは得意ですか? おそらく、ほとんどの中学生が「NO!」と答えるでしょう。 英単語を覚えるのは大変です。いくら書いても書いても覚えられない。

でも、ちょっとやり方を変えれば、普通のやり方の2倍、3倍のスピードで覚えることも十分可能です。 ここでは、中学1年生の人でも、塾に通わずに自宅で、あるいは散歩しながらでも英単語をサクサク覚えて行く方法を解説します。

高校生向けの英単語の覚え方や英検準二級〜二級、大学受験も視野に入れて覚えたい人は「英単語の覚え方|6000語レベルの単熟語を最速で覚える方法」の方を見ておきましょう。それではいきます。

間違いだらけの英単語の覚え方

残念ながら、ほとんどの学校では、間違った英単語の覚え方を教えています。

  • ひたすら書け!
  • 発音は指導しない
  • 1日10語ずつ覚えさせる

このような覚え方は、はっきり言って時代遅れのクソみたいな方法です。言葉が悪いですが(笑) 事実なので仕方がありません。 もし君が上に書いたような覚え方で英単語を覚えていたとしたら、全然覚えられてないでしょう?それはある意味当然なんです。

君の記憶力が悪いのではなく、覚え方が悪いだけです。 これから正しい英単語の暗記法を教えるので、それにしたがって覚えてもらえれば大丈夫。安心して付いてきて下さい。

英単語は絶対にCDを使って覚えよう!

まず原則ですが、英単語はCDを使って音声を聴きながら覚えること。 もちろん学校の教科書などにCDが付いていない事は多いですよね。でもその時も、なるべく英単語を発音しながら覚えて行くようにしましょう。

理由は単純で、人間は声に出して覚えた方がはるかに記憶出来るからです。 目から、耳から、口から覚えて行くことで、ただ単語帳を眺めるだけよりも数倍良く覚えられますよ^^

スポンサーリンク

中1から続ければ最強?!自分でサクサク英単語を覚える方法

ここからは、自宅でちょこっと英単語を覚えることで、学校の英語で常に好成績を取れるようになる方法を教えます。 本屋に行って、『キクタン〈中学英単語〉高校入試レベル』という英単語帳を買いましょう。

この単語帳を使えば、中学生に必要な英単語をほぼ全て覚えることができます。1冊覚えれば、学校の英語で好成績を取ることも難しくないですよ。 『キクタン』はCDを使って覚えて行くスタイルの単語帳です。 例えば、以下のようにCDで音声が読み上げられます。

  1. make→作る→make
  2. take→取る→take
  3. have→持つ→have
  4. go→行く→go
  5. make→take→have→go

4語を1セットとして、それを4セット=16語を1つのCDトラックで読みあげて行きます。 CDは軽快なBGMが流れながら英単語を読みあげるので、なんだかリズミカルに楽しい気分で英単語を勉強する事ができます!

単語を無言で書いて書いて書いて…というような無味乾燥でつまらない英単語暗記はもう時代遅れです。 これからはCDを使って楽しくリズミカルに、軽快に声を出しながら効率的に覚えて行くのが最新の方法です。

1週間毎日100語を触れて行こう!

英単語暗記と言えば「毎日10個コツコツやっていく…」というイメージだと思いますが、実はこれは効率が悪いです。 たとえば500語覚えると言った時、10語ずつ進めていたら50日かかります。

でも最後まで終えた時は、最初の単語はすっかり忘れているからです。 暗記のコツは何と言っても「反復」。10回20回と繰り返せるように勉強しなければなりません

したがって、毎日同じ100語を繰り返す事が最も効率的なんです。 『キクタン』は1日16語×8週間(56日)で終わる構成になっています。でも、このスケジュールは無視しましょう。 1日で1週間分の英単語を見て行きます(16×7日=112語)。それを1週間続けます。1週間毎日112語を見て行けば、けっこう覚えられそうな気がしませんか?

「でも、1日で112語なんて時間めっちゃかかりそう!」

そう思う人もいるでしょう。でも、心配はいりません。そこまで時間はかかりません。 キクタンの1つのトラック(1day、16語)は約1分で終わります。てことは7日分を一気に進めても10分以内で1周できます。

それを1日で3回繰り返します。そうすれば30分以内で112語を3回触れることができます。ね、けっこういけそうでしょ? では、さらに具体的な進め方を教えますね。この通りにやれば間違いありません!

  • 月曜:単語の意味を赤シートで隠して、112語の中に知らない単語があれば鉛筆でチェックを入れる。CDを聴いて発音を真似してみる。3周くらいしてみる。
  • 火曜:もう一度同じ112語を見て、意味を赤シートで隠して意味を言ってみる。スペル(つづり)を意識して発音しながら、要らない紙に英単語を3回ずつ書きなぐっていく。
  • 水曜:【単語帳を見ずに】CD音声だけ聴いて発音と日本語訳を真似して言ってみる。
  • 木曜:英語の文やフレーズ(単語帳の右側)を見て和訳していく。わからないものはチェックを入れる。
  • 金曜:フレーズを和訳したり紙に書いてみる。もちろん発音もしてみる。
  • 土曜:日本語を見て英単語を発音&書く練習をする。 日曜:112語を総復習。意味を見て全ての単語を発音&書けるようになるまで繰り返す。右ページ下部のチェックなどを利用しても良い。

このように、色々やりかたを変えて同じ112語を繰り返し触れて行けば、必ず覚えられます。最低でも半分は覚えられるハズです。

なかなか覚えられない人はやり方をきちんとチェックし、もう少し時間をかけてみてください。でも1時間以上かけないようにした方がいいですよ。単語暗記ばかりやるのはつまらないですからね。

 英熟語はキクジュクで完璧!

英熟語を覚えたい人はキクジュクを使えばバッチリです。

スポンサーリンク

英語と男性のシルエット

参考になったらぜひシェアをお願いします!

3 件のコメント

  • いつもこちらのサイトを参考にして勉強させていただいています。
    教科ごとの勉強法はさることながら、受験勉強自体の考え方や取り組み方まで記事にされているので
    非常に助かっております。

    数年前に退職し、現在非正規で働きながら2017年度の受験をする者で、日本大学芸術学部への進学を希望しており、映画学科を受験をします。

    現状の学力として客観的に図ったことがない(9月に模試を受ける予定です)のですが、「スタディサプリ」の中三トップレベル英語~高3英語ハイレベル文法・読解の受講を5月に完了しました。
    以下が使用参考書とその参考書の習熟度です。

    ・単語はデータベース4500の見出しをほぼ即答できるレベル
    ・熟語はキクジュクbassicは大体覚え、ネクステのイディオムも9割以上正答
    ・文法は英文法・語法ベスト400とネクステ、サプリの問題演習を4週しほぼ9割5分の正答率
    ・長文は技術70を2周し、サプリの読解(センターレベルとMARCH)。少しの間長文読解の勉強を止めていて、現在ハイバートレーニングのレベル1を勉強中です。センター易しめ~標準くらいまではつっかえることなく意味をとれるレベルです。

    現在、自分の学力がどれくらいのものだろうかということを知るためと、穴があるかを確認するために「ランダム総点検・英文法・語法最終チェック問題集・必修レベル」を使用しています。
    40問×10回の構成で、現在4回目を終わらせまして、8~8割5分ほどの正答率です。
    ただ、不安なのが語彙系の問題に相当穴があるということがわかりました。ネクステの「会話表現」「語彙」を飛ばしてやっていたので今後スケジュールに組み込む予定なのですが、ネクステ以外の問題集で広く語彙問題を取り扱っている問題集はありますでしょうか?

    コロケーション、紛らわしい名詞や形容詞、派生語、反意語、などなど判別が難しかったり、知らないと得点できないような表現などが多く扱われている問題集がいいのですが、このような語彙の判別や語彙力は単語帳の派生語などの欄をきっちり覚えていく以外にはないものでしょうか?

    また英文法やイディオムに注力しているのは、過去問に目を通した際に長文問題であっても空欄補充かつ半分程度は文法的な問題で、全体の3/5程度は文法・語法・イディオムの問題でした(過去7年分を調べました)芸術系ということもあり、面接や小論文もあるので、文法や語法を完璧にし、英語を得点源にしたいです。

    また、ベスト400→ネクステ→ランダム最終チェック の次の接続は「桐原1000」のような一つ上のレベルの問題集にするべきか、あるいは「ベスト400」くらいの問題集を使い類題をこなしていくか、またランダム問題集のようなものをつかってさらに点検していくかですと、どのような接続がよいでしょうか?

    まったくの独学で周囲で相談できる人もいない中、このような場を設けている方がいらっしゃって本当に嬉しいです。
    特に英語学習においての音読や、こちらで紹介された「技術70」や「ハイパートレーニング」も購入し非常によい問題集なので助かっています!特に英語ではないですが「古文演習45」「ゴロゴ読解」最高にお気に入りの問題集です。
    過去問に対する考え方のおかげでスケージュルを大幅に変更できたのもこのサイトのおかげです。

    長々と失礼しました。

    • >語彙苦手さん:丁寧なご質問コメントありがとうございます。お手本にしたいくらいの質問です。

      語彙を広く扱っている問題集ならそれこそネクステとかでいいかなと思ってます。なので提案されているベスト400→ネクステ→ランダムチェックとかの流れでいいと思います。桐原1000までやれば万全ですね!あとちょっとあるかどうかリサーチできてないですが過去問や、似た傾向の入試問題があるならばそういう問題も積極的に解いていってくださいね。

  • ご返信ありがとうございます!

    ネクステの語彙を繰り返し解きつつ、違う問題集で新たな語彙の抜けがあったらその都度といった感じですね。
    今使っている問題集を何周かしてさらに他教科が安定してきたら、ぜひ桐原1000を利用したいと思います!
    他大学や他学部の似た傾向の問題を解くというのは全く頭になかったので教えていただいて有り難いです。
    ネクステや400で取り上げられている、とくに易~標準あたりの問題で日本大学から出題されているものが多かったと思うので
    日本大学のある程度傾向の似ている学部の過去問や、日東駒専レベルの大学を調べてみようとも思います。

    現代文や小論文も科目にありますが、またこちらのサイトを参考にさせていただこうかと思っています。
    その際にまた長々と失礼することもあるかとは思いますが、よろしくお願いします。
    ありがとございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    与那嶺 隆之

    高3の9月から勉強を始め(当時偏差値38)1年間の自宅浪人を経て早稲田大学に合格。その後も勉強を続け勉強法を研究し、予備校に通わず参考書で合格する方法をブログやメールマガジンで発信している。