肘井学の読解のための英文法が面白いほどわかる本の使い方

この記事を書いている人
よなたん(与那嶺隆之)
偏差値38の状態から参考書学習による独学で早稲田大学に合格。受験生に効率の良い勉強法を伝える「独学ラボ」を運営。参考書・勉強法研究家。自身で学習塾を経営する傍ら、あらゆる学習塾・予備校のコンサルティングも請け負う。

英文の構造把握ができない。英文法は勉強したけどうまく和訳が出来ない。センター試験の選択肢が正確に訳せない。そんな人にオススメなのが『大学入試 肘井学の 読解のための英文法が面白いほどわかる本』だ。

この本は久々に出た「初心者向けの英文解釈書の決定版」とも言える本になっている。英文読解の入門本といえば『基本はここだ』が人気だが、内容が古くなってきたのと、実は英文解説が難しくて本当の初心者にとっては若干ハードルが高い、網羅性が低いなどの問題があった。

今回ご紹介する肘井本は初心者でも分かりやすい工夫がされていてかつセンター試験レベルの英文解釈をこなしていくのに最適な内容になっている。ぜひ使って欲しい本だ。

大学入試 肘井学の 読解のための英文法が面白いほどわかる本とは

[ジャンル]英文解釈
[問題数]183例題
[難易度]センターレベル
[到達レベル]基礎→センターレベル(センター英語の英文が読める)
[勉強期間]1日30例題7日で1周→1日60例題3日で2周目
[使用目的]センターレベルの英文を正確に読みこなす短文解釈力を身につけるため
[勉強目標]全英文をセルフレクチャーできる
[対象者]センター英語が160点以下の人

Amazonの内容紹介も引用しておこう。例題にある「ing形」を説明できない人はぜひ取り組んだほうがいいだろう。

次の英文中のing形の単語の品詞と役割を、すべて識別できますか?
There are significant differences between learning and teaching existing mathematics and creating new mathematics.

「どうしたら英文を読めるようになるか?」
その疑問に答えるために、本書では『英文読解のための英文法』について、33のテーマを厳選しました。

基礎から応用、そして発展レベルまで、英文の読解力を上げるための多くのしかけを用意してあります。読解のための33の英文法のテーマを定着させるために、183の例題→137の確認問題→38の発展問題で、無理なく段階的に英文読解力が向上していきます。さらに、学習のスパイスとして50のポイントも散りばめてあり、「面白いほど」英文が読めるようになります。

183の例題は、すべて基本的な英文からスタートしています。ゴールである38の発展問題は、すべて地方国公立や東大・京大を含めた旧帝大、MARCHをはじめとする難関私大入試で実際に出題された英文を掲載しているので、入試対策書としても最適です。

例えば、テーマ09の「-ingの識別」では
Learning to read a language is best taught in the classroom.
という基本的な例題からスタートします。

最終的には、上にあげている
There are significant differences between learning and teaching existing mathematics and creating new mathematics.
という、最難関のひとつである京都大学で実際に出題された英文の -ingをすべて識別して、正確に英文を理解できるようになります。

例題と確認問題・発展問題の約350の英文に、ひと目で文構造と修飾関係がわかる英文図解をつけました。英文図解の下にある簡潔な解説と合わせて、ビジュアル×文字による理解で相乗効果を生み出します。この1冊で、基本的な英文からハイレベルな英文まで、英文読解を極めてください。

引用:大学入試 肘井学の 読解のための英文法が面白いほどわかる本 | 肘井 学 |本 | 通販 | Amazon

使い方

下記記事を参考に勉強してみて欲しい。

英語がスラスラ読める!英文解釈の3つの手順と勉強法

大まかな勉強の手順は以下の通り。

  1. 問題文を読み、構造把握を行った上で和訳を紙に書く
  2. 解説を熟読し、自分の解釈・和訳が正しいかを確認する
  3. 「自分の訳」と「正答訳」を比較して、自分の訳の直すべきところを検討する
  4. 英文を完全に理解できたら、今度は自力で構造把握を説明しながら行う
  5. 英文を意味のまとまりごとにスラッシュで区切り、音読していく
  6. その日のうちに5回、その後1週間以内で合計20回音読練習を行う

英文読解で大切なのはただ和訳が出来るだけでなく、SVOCMをはじめとした構造把握を自力で説明できるようにする(セルフレクチャー)ことだ。自分の言葉でペラペラと解説が出来る様になるまで音読や解説をブツブツ呟くことを繰り返してマスターしていこう。

スポンサーリンク

参考になったらぜひシェアをお願いします!

3 件のコメント

  • 大岩の1番はじめの英文法(超基礎英文法)を二周した後に肘井学の読解のための英文法をやるつもりなんですが、問題ないと思いますか❓また、これを終えた後にオススメの参考書又は問題集はありますか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    与那嶺 隆之

    高3の9月から勉強を始め(当時偏差値38)1年間の自宅浪人を経て早稲田大学に合格。その後も勉強を続け勉強法を研究し、予備校に通わず参考書で合格する方法をブログやメールマガジンで発信している。