英語長文ハイパートレーニング レベル解説と効率的な使い方

英語長文ハイパートレーニングレベル2センターレベル編
この記事を書いている人
よなたん(与那嶺隆之)
偏差値38の状態から参考書学習による独学で早稲田大学に合格。受験生に効率の良い勉強法を伝える「独学ラボ」を運営。参考書・勉強法研究家。自身で学習塾を経営する傍ら、学習塾・予備校のコンサルティングも請け負う。

今回は安河内哲也先生の長文問題集『大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編』をご紹介する。

本書は受験生に大人気の鉄板問題集となっている。

SVOCMを図示した構文解説、CD付きでスラッシュ訳のついたページなど、独学で読解力を身に付けるためには最高の参考書だ。

スポンサーリンク

『英語長文ハイパートレーニング』とは

  • [ジャンル]長文問題集
  • [問題数]12題
  • [使用目的]読解力・速読力の向上
  • [勉強目標]各英文をスラスラ読める
  • [対象者]各レベルの長文に慣れたい人

『大学入試英語長文ハイパートレーニング』はオーソドックスな長文問題集だ。最大の特徴はCDが付き、英文のSVOCMの構造解説がついていること。

さらにスラッシュ訳が表記されたページもあり、精読と速読の2つを独学でも十分に同時に鍛えることができる良書だ。

類書の『英語長文速読トレーニング』と比べて構文解説が詳しい。SVOCMが振られているだけでなく、構文のワンポイント解説もある。英文解釈を勉強した後のアウトプット、長文慣れとしては最も使いやすい問題集と言える。

スポンサーリンク

『英語長文ハイパートレーニングレベル1 超基礎編』

  • [難易度]易しめ:センター以前の高1レベル
  • [到達レベル]入門→基礎:中学レベル→教科書レベルの長文慣れ
  • [勉強期間]2週間

『大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル1 超基礎編』は文字通り超基礎。高1からでも十分使えるレベル。たとえば『基本はここだ』と併せて使ってみたり、高1生が速読を始めたいと言ったりしたときに使えるだろう。

長文慣れという観点から言えば、このレベルなら設問はそこまで必要ではないかと考える。音読と長文慣れのみを考えると『東大英語長文が5分で読める』等の方がいいかも。

『英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編』

  • [難易度]センター
  • [到達レベル]センター:センター6割→7割
  • [勉強期間]2週間

『大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編』はセンターレベル。とはいうものの、知識問題がけっこう多め。純粋にセンター対策を考えるならば『英語長文速読トレーニングLevel 2』の方がおすすめ。

 

『英語長文ハイパートレーニングレベル3 難関編』

  • [難易度]難しめ:マーチレベル
  • [到達レベル]センター→難関:センター7割→マーチで戦える
  • [勉強期間]2週間

『大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル3 難関編』は難関レベルの問題集。語数はおよそ300語~500語。最後の第12問は685語と長め。

『英語長文ハイパートレーニング』の使い方

  1. 制限時間を測って問題を解く。答えはノートなどに書く。
  2. 和訳問題は構造把握をしっかり行った後に書いてみる(英文解釈勉強法を参考に)
  3. 読解問題は答えの根拠を一言でいいのでノートにメモをする。
  4. 答え合わせをして解説を熟読する。
  5. 本文解説を熟読し、自分の解釈が合っていたか確認し適宜修正。
  6. CDを使い、スラッシュ訳のページを見て英文を音読する。
  7. 英文をナチュラルスピードでスラスラ読めるようになるまで音読を繰り返す。
  8. 直後か翌日、問題をもう一度解いてみる。和訳は口頭で良い。読解問題はきちんと根拠を持って解けるか確認する。できなければもう一度解説を熟読し何度も復習する。
  9. スラスラ読めるようになった状態で最低20回を目安に音読を繰り返す

本書の目玉は「詳しい本文解説」と「スラッシュリーディング」の2つだ。この2つを最大限生かして勉強できるようにしてほしい。

『英語長文ハイパートレーニング』と相性の良い参考書

相性の良い参考書と言うか、本シリーズは詳しい本文解説があるため、各レベルの英文解釈と並行か直後に勉強するとよい。例えば以下のような組み合わせだ。

解釈を勉強した直後、あるいは並行で勉強することで英文解釈のちょうどよいアウトプット+長文慣れになるだろう。 

『速読トレーニング』『レベル別問題集』との比較

安河内先生はこの本の他にも『英語長文レベル別問題集 4(中級編)』『英語長文速読トレーニングLevel 1 (安河内で自信をつける!)』などがある。

CD付きで構文解説が詳しいのは共通で、英文の長さや設問が微妙に違う。それぞれ比較して自分に合いそうなものを選んでみよう。

スポンサーリンク

英語長文ハイパートレーニングレベル2センターレベル編

参考になったらぜひシェアをお願いします!

2 件のコメント

  • 参考になりました。
    ありがとうございます。
    シャドーイングや音読などは
    家でしかできないものですか?
    浪人が決まったので
    予備校が閉まるまで自習しようと
    思っているのですが
    シャドーイングや音読を
    どのタイミングでやったらいいのか
    わかりません。
    予備校に音読専用の部屋などないので
    困っています。
    良かったらアドバイスお願いします。

    • ある程度声を出せる環境じゃないと音読は難しいですね。やるなら人に迷惑がかからない場所でやる必要があります。普通は自宅で、公共の場だと小声でぼそぼそやる感じです。とはいえ1時間程度はしっかり声を出して音読をしてほしいので、家に返ってから音読をするといいです。

      シャドウティーチングはそんなに声を出さなくてもいいのでぼそぼそ言ったり頭の中でしっかり再現したり、紙に書いたりしてもできますよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    与那嶺 隆之

    高3の9月から勉強を始め(当時偏差値38)1年間の自宅浪人を経て早稲田大学に合格。その後も勉強を続け勉強法を研究し、予備校に通わず参考書で合格する方法をブログやメールマガジンで発信している。