キクタンリーディングの使い方|Basic、Advancedのシリーズ解説

キクタンリーディングBasic4000
この記事を書いている人
よなたん(与那嶺隆之)
偏差値38の状態から参考書学習による独学で早稲田大学に合格。受験生に効率の良い勉強法を伝える「独学ラボ」を運営。参考書・勉強法研究家。自身で学習塾を経営する傍ら、学習塾・予備校のコンサルティングも請け負う。

今回は『キクタン』のいわゆる「速単」バージョンである『キクタンリーディング』シリーズをご紹介する。

ぶっちゃけ速単のパク…なのだが、速単と比較して使いやすい部分もあり、使い方を考えれば非常に効果の高い参考書だ。

『キクタンリーディング』の効果的な使い方やレベル、注意点と要望を書いてみる。

スポンサーリンク

『キクタンリーディング』とは

 

  • [ジャンル]速単系(設問がなく長文だけの長文集)
  • [勉強期間]1か月~2か月
  • [使用目的]速読力、リスニング力をつけるため
  • [勉強目標]各英文をスラスラ読める・シャドウイングできる
  • [対象者]短めの長文でサクサク読み込みをしたい人

『キクタンリーディング』は100語程度の短い長文を読みながら、『キクタン』収録の英単語を覚えていく『速読英単語』と同じ体裁の参考書だ。

とはいっても、単語帳の方の『キクタン』の収録語数をそのまま全て載せているわけではない。

もういっそもう少しボリュームを増やして、キクタンとキクタンリーディングを統合させてしまえば?と思う。

 

キクタンリーディングと速読英単語の比較

  • [長さ]速単は100語⇒200語と徐々に長くなる、キクリーは一貫して100語程度
  • [英文数]速単必修は70文、速熟・上級は50文、キクリーBasicは72文・Advancedは60文
  • [収録単語数]速単必修は1900語、キクリーは600語・700語
  • [値段]速単必修はCDも買うと4000円弱、キクリーは約1500円

比較点をまとめると速単の方が情報量が多い重厚長大、キクタンリーディングはコンパクト。値段は圧倒的に安いので、速単がもっと安くならない限りは私はキクタンリーディングをおすすめしたい。

個人的な使い方としては、リスニング重視の読み込み。100語程度とちょうど良い長さで集中力を維持させやすい。またスキマ時間を活用させたい現役生が電車の中でコツコツ聴きこむにも向いているだろう。

 

『キクタンリーディングBasic4000』のスペック

  • [問題数]Basic72題
  • [難易度]センターレベル|短いのでけっこう簡単
  • [必要学力]『基本はここだ』『技術70』程度の解釈力
  • [到達レベル]センター5割→7割

『キクタンリーディングBasic4000』は4000語レベルの単語を中心にまとめられた長文集。センター英語レベルの速読力・リスニング力を鍛えたい人に薦められる。

『速単』と比べてセンターレベルに絞っているのでセンター英語のみの人には特に薦められる。

 

『キクタンリーディングAdvanced6000』のスペック

  • [問題数]Advanced60題
  • [難易度]マーチレベル|短いので背伸びした使い方も可
  • [必要学力]4000語レベルの語彙力、『基礎100』程度の解釈力
  • [到達レベル]センター7割→マーチ

『キクタンリーディングAdvanced6000』は6000語レベルの単語を使った長文集でおよそマーチレベル。全60題でなかなかの長文量なので、1冊でかなり力を付けられるだろう。

英文は短く、センター英語は出来るけどそれ以上のレベルだとつまずく…といった人にも向く。センターからマーチレベルの橋渡しとして使えるだろう。

 

『キクタンリーディング』の使い方

  1. 音読が中心(というか全て)。
  2. 英語速読の勉強法」の単純速読力の部分をチェックする。
  3. 英語長文の勉強法」の音読メソッド部分をチェックする。
  4. 必ず英語力が付く、正しい音読10の方法 棒読みデタラメ音読に陥るな!」をチェックしておく。
  5. 単語をチェックし英文を精読して、CDを聴き発音を確認してリピーティングする。
  6. キクリーは和訳部分はスラッシュ訳になっていないので、自分でスラッシュ訳を頭で作る。あるいは書く。
  7. CDを何度も聞いて音読を「やり方を変えて」繰り返す。
  8. リスニング力を上げたい人はテキストを見ずにシャドウイングを繰り返す。

 

『キクタンリーディング』の要望

  • 非常に好きな参考書なのだが、2点ほど要望があるので無駄なのだが書いておく。
  • 単語帳の収録語を全てキクリーに載せるか統合してほしい
  • 2冊買うと値段が地味に嵩張る。統合してくれると最高(でもちょっと厚くなりすぎるか)。
  • スラッシュ訳を書いてほしい

英文にはスラッシュが振られていて良いのだが、肝心の訳は普通なので若干使いづらい。どうせならスラッシュ訳にするか追加してほしい。

速読速聴・英単語 Core 1900 ver.4』は通常訳とスラッシュ訳の両方を載せていて使いやすい。

と思ったら要望に応えて?スラッシュが登場!!!

公式HPからダウンロードできます。会員登録必要ですが。

改訂版 キクタン リーディング【Basic】4000|アルクショップ

じゃけっとさんから情報提供頂きました。ありがとうございました^^

スポンサーリンク

キクタンリーディングBasic4000

参考になったらぜひシェアをお願いします!

5 件のコメント

  • 初めて質問します。
    英単語はキクタンを中心に勉強しようと思っています。
    学校で英単語帳として、
    キクタンリーディングが配布されています。ベーシックとアドバンスです。

    英単語帳として使うには
    キクタンのほうを使ったほうがよいのですか?

    キクタンリーディングと普通のキクタンでは
    だいぶ収録語数がちがうようなので。

    現在キクタンリーディングベーシックを使用しています。高2です

    • >あ さん:出来れば普通の単語帳バージョンのキクタンも持っておきたいところですね。仰るとおりキクリーは収録後数は少なくなってるので。

      キクリー使いながら合わせて単語帳キクタンも覚えていくって感じがベストだと思います!^^

  • キクタンリーディングは改訂版から、購入者向けにリーディング訳のダウンロード配布してますよ。

    • >じゃけっとさん:おお!マジすか!情報提供ありがとうございます!!!!!!!!!!!!^0^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    与那嶺 隆之

    高3の9月から勉強を始め(当時偏差値38)1年間の自宅浪人を経て早稲田大学に合格。その後も勉強を続け勉強法を研究し、予備校に通わず参考書で合格する方法をブログやメールマガジンで発信している。