第一志望を学校に強制された時の対処法と志望大学の考え方

早稲田大学
この記事を書いている人
よなたん(与那嶺隆之)
偏差値38の状態から参考書学習による独学で早稲田大学に合格。受験生に効率の良い勉強法を伝える「独学ラボ」を運営。参考書・勉強法研究家。自身で学習塾を経営する傍ら、学習塾・予備校のコンサルティングも請け負う。

こんにちは。よなたんです。
いつもメールをお読み頂き有難う御座います。
 
 

先日こういう相談が来ました。

━━━━━ここから━━━━━
私の学校では
夏の模試でC判定を取らないと
第一志望を受験させてくれません。
 
どうすればいいでしょうか。
━━━━━ここまで━━━━━

スポンサーリンク


 
このような質問が来たので回答しますね。
 
結論から言えば、
学校があなたの志望大学を
受験できるできないを
縛り付ける権力はありません。
 
 
もし仮に、学校が強制的に
あなたの志望大学を決めたり
受けたい大学を受けさせなかったとしたら
かなりの大問題です。
 
 
これはもちろん
センシティブな問題かもしれませんが、
 
仮に僕がその学校の生徒なら、
 
親に相談するかもしれないし
他の学年主任の先生とか
進路指導の先生とか
あるいは校長先生に言うかも知れません。
 
とにかく
仲間を作ることです。
 

 
自分の受ける大学を
誰かに決められるなんて
そんなひどい話は無いと思います。
 
 
もちろん
実力が足りないから。
 
どうせ受からないから。
ランクを下げないのが
お前のためだ。
 
 
人はこう言うかもしれません。
 
 
でも
それが正しいなら、
初めに受けた模試の偏差値
たった38しかなかった
僕は早稲田なんて受ける資格なんて無いし
 
はじめから諦めるしかありませんでした。
 
 
でも僕は諦めなかったし
いまは実力無くても
受験までには伸ばしたるし。
 
落ちたら浪人しようが何しようが
早稲田受かってやるし。

 
 
そんな気持ちで
勉強していました。
 
 

もちろん人によっては
浪人できないとか、

とにかく
現役で勝負を決めなければならないとか。

そういう事情もあるでしょう。

でもそうだとしても
まずは12月まで
とにかく絶対に行きたい!

っていう第一志望を目指して
勉強しても、
バチは当たらないのではないでしょうか。

僕は
自分を諦めず
夢を諦めず
目標を諦めてほしくないと思うし、

結果がどうなるか分からないけど
受験勉強を頑張って
自分を鍛えるこの期間は
人生においてめちゃめちゃ重要なものだと思います。

本当に価値があるし、
本当にかけがえのないものです。

それを
その辺の人にさ、
自分の人生の責任を
追うつもりのない人にさ、
 

あーだこーだ
言われるのは僕なら
ハッキリ言ってムカつく。笑

お前に関係ないでしょ?

と僕は思ってしまいます。

親ならともかく、
学校の先生でしょ?

ぶっちゃけ卒業したら
サヨナラじゃないですか。

親でも関係ないけどね。

でももちろん
受験の結果がどうなろうが
全て自分の責任です。

それは覚悟の上で。
というか人生全て
自分しか自分の責任は負えませんから。

僕自身は
すごく勉強しやすい環境で
勉強できたので、
本当に有り難かった。

でも
多くの受験生に接していると

他人がとやかく口出しするせいで
自分の目標を
諦めなきゃいけない人がいるという事態に
「意味わかんねーな」と思います。

誰が
他人の人生に
口出しする権利があるんでしょうか?

自分の受ける大学を
決められなければならないんでしょうか?

僕はハッキリ言って
親でさえその権利は無いと思ってますし、

僕なら
仮に親が家族が反対しても
自分でバイトしながらだろうが
何しようが
受けたい大学を受けます。

と言っても
それが出来る人もいるし
出来ない人もいる。

こうじゃなきゃダメだ!
と言うつもりはありませんが、

でも、
自分の受験は
もっと大事にして欲しいし、

少なくとも
学校に受験する大学を決める権利は
絶対にないので、

その点だけ
ぜひ覚えておいて貰えたらと思います。

どうせ受験するなら高望みで!
自分が行きたいトコを思い切り目指す!
無謀上等、高望みのバカ上等です。

人に無理無理と
言われるくらいの目標じゃないと
夢じゃないよ。

まぁ出来るんじゃない

って目標は「予定」だから。

おれ高校卒業が夢なんだー

って人はあまりいないはず。

普通にしてたらできるから。

普通にしてても出来ないことを
やるのが目標だし夢だし

どうせならでっかい目標、
夢を掲げて
努力したほうが絶対に楽しいじゃん。

僕は本当にそう思う。

本気でやってない人に限って
他人をどうこう言ったり
とやかく言うけど、
そんなのカッコ悪いじゃん。

今は偏差値低くても
バカでも頭悪くても要領悪くてもいいじゃん。

今から頑張って
努力してやっていこうよ。

そんな風に思います。

僕のブログとかには
勉強法とかどんな参考書を使えばいいか
ある程度網羅しているつもり。

このメルマガでは
こうやって心構えだったり
考え方だったりを発信できたらいいなと思ってます。

もちろん
たまには勉強法とかも書くけど。

他にも
何かお悩みがあるという人は
気軽にメール下さいね。

それでは今日は以上です。
このメールを読んだあなたが
少しでもやる気が出たり、
心が軽くなってくれたら嬉しいです。

スポンサーリンク

早稲田大学

参考になったらぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

与那嶺 隆之

高3の9月から勉強を始め(当時偏差値38)1年間の自宅浪人を経て早稲田大学に合格。その後も勉強を続け勉強法を研究し、予備校に通わず参考書で合格する方法をブログやメールマガジンで発信している。