マーク模試で5割以下の人が9月からマーチに受かるのか?合格可能性の嘘

明治大学
この記事を書いている人
よなたん(与那嶺隆之)
偏差値38の状態から参考書学習による独学で早稲田大学に合格。受験生に効率の良い勉強法を伝える「独学ラボ」を運営。参考書・勉強法研究家。自身で学習塾を経営する傍ら、あらゆる学習塾・予備校のコンサルティングも請け負う。

こんばんは。
昨日、とある受験生から相談を受けました。
8月に受けた模試の得点があまりに低く、
落ち込んだけど、頑張ります。

といった内容の相談です。
得点は控えますが、マーク模試で
3割とか4割以下です。

この状態から、
果たしてマーチとか
難関大学に合格することが出来るのか。

僕の答えとしては
ほぼ不可能だと思います。

【今のままだと】実質不可能です。

今の僕なら、
偏差値30からでも合格することは
出来るかもしれません。

なぜなら合格への
最短距離がわかってるから。
※昔の僕なら難しいです

でも、ほとんどの受験生は
当然ながら最短距離なんて分からないし、
そもそも進む方向すら
合ってない人がほとんどなんです。

言い切ってしまうと、
この人は1年経っても2年経っても
英語を読めるようにはなりません。

だってある程度の期間勉強してきて、
勘でマークしても取れるような
得点しか取れないのですから。

英語が読めるようになる
勉強が全く出来ていないわけです。

こういう人が今から
偏差値を20も30も上げることは
不可能です。

僕は全てを変えろって言いました。
勉強法から何から全て
変えなければならないと思います。

スポンサーリンク

=========
可能性はほぼゼロ
=========

この時期になると、やはり
「今からでも受かりますか?」
という質問が増えます。

今の時期からでも、
純粋な可能性としては
受かることもあるでしょう。

でも僕は、可能性は無いと言います。

なぜなら、
彼らのマインド、勉強法では
99.9%成績は伸びないからです。

例えばある大学生や塾講師が
「今からでも頑張れば大丈夫」とか
言うことがあると思いますが、

それは
「人が出来る可能性」の話をしているわけです。

もちろん死ぬ気でやれば
半年でマーチとか早慶に受かるかもしれません。

でも皆まずそれは出来ないのです。
だからほぼ可能性はゼロなのです。
ほぼというか、まぁゼロなわけです。

純粋な可能性としては
無理ではないかもしれないけど、
殆どの人はいろんな理由で
その可能性を潰しています。

それは勉強法を変えずに
自己流でやったり、
塾の先生に言われたとおりに
やるだけだったり。

自分にはやれるんだって
マインド作りをしなかったり。

5%くらいはあるかもしれない可能性を
ガンガン落としているわけです。

0.0001%位になっているわけです。

そんな状態で受かるわけないし、
僕は受かるよとは言えません。

昨日相談してきた子は
「でも変えることは恐い」
と言ってくれました。

たしかに変えることは恐いでしょう。
人間は変化を嫌う生き物です。

勉強法を変えることはリスクがある(気がする)し、
今まで通りにやってた方が楽なわけです。

勉強法を変えないことのほうが
リスクであることをほとんどの人は知らないし、
知ってても変えようとしないんですね。

だから受からないのですよ。
たしかデータによると、
センター英語で8割以上の得点を
取れる人は2割もいなかったと思います。

簡単に言っちゃえば
10人いれば8人はダメな勉強してるわけです。

周りのほとんどは
間違っていると言ってもいいわけです。

僕が何度も言っていますが、
普通の人と同じ勉強していては
ダメなんですよ。

突き抜けられないのですよ。
でも皆それが出来ない。

出来ないのは低レベルな勉強法でしか
勉強してないからです。

英語はまず読めないと話にならないのに
たらたらたらたら文法勉強したり、
中学〜高1レベルの単熟語すら覚えてないのに
センターレベルの単語やったり。

本当にありえないほど非効率な勉強法を
当たり前のようにやっちゃってるわけです。

本当に本気で受かりたいなら、
すべてを捨てて全てを変えて
本気で勉強に取り組む覚悟を持つ。

そうすれば1%くらいは可能性が
出てくるかもしれません。

0.00001%から1%になれば
相当な進化ですよね(笑)

冗談のように言っていますが、

1000回受験しても受からないような
人間が本当にたくさんいるんですよ。

5年勉強したとしても
偏差値60に届かないような
勉強している人が現実にたくさんいるんですよ。

半年勉強して偏差値が
1も上がらない人が現実にいますね。

英単語100個も覚えられない人とか。
何年かけて受験するんだって話です。

だから志望大学の
2ランクも3ランクも下の大学しか受からないのです。

メルマガを読んで下さっている人の中にも、
ある程度勉強しているはずなのに
結果が全く出てない人がいると思います。

その勉強、あと何年やれば結果が出るんですか?
冬頃になれば成績が爆発的に伸びるとか
アホみたいな夢を見てても成績は伸びませんよ。

急激な伸びは確かにあるのですが
8割以上の人には起こらない現象です。

むしろ下手に期待して
勉強法を変えずに、
何の成績の上昇もないまま
年越して、センターで爆死して、
気づいたら全落ち。

こんな受験生は何万人といるはずです。
こうなりたくないなら、
こういう未来が予想出来てしまうなら、
受験勉強の全てを変えないと。

勉強環境、勉強法、意識、教材、
全てです。

変えられる勇気を持つ人だけが
前に進むことが出来ます。

変えたい人は、
まず独学ラボやE-BOOKに
書いている勉強法と参考書で勉強してみましょう。

独学ラボを見ている人で、
いまいち勉強が捗ってない人は
結局自己流でやってるんですね。

中学英語復習してないとか
英文解釈勉強してないとか
音読をブログのとおりにやってないとか。

この通りに忠実に守って
音読を繰り返せば、
100%読めるようになるんですよ。
確実に読解力は上がるんですよ。

ブログに書いてる古文の勉強法を
やれば絶対に読めるようになるんですよ。

出来ないのは結局100%真似してないか
頭スッカラカンでやってるか
単純に勉強してないかです。

勉強ってのは「守破離」の「守」だけ
本気でやればいいだけなのに、
三流、四流、五流の人間が
自分のやり方にこだわっている。

だからいつまで
経っても伸びないんですよね。

今のあなたの成績を作っているのは
あなたの勉強方法、トレーニング方法なのに、
その方法で頑張ったからって結果が出るはず無いのは
少し考えれば分かるはずです。

長くなったのでそろそろまとめます。

今の成績がどうしようもないほど
低い人は、まず勉強法を全面的に変える。
というか独学ラボに書いていることを
100%守ってやる。勝手に自分流でやらない。

ぜひやってみてください。
伸びますから。
伸びなかったら相談してください。

スポンサーリンク

明治大学

参考になったらぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

与那嶺 隆之

高3の9月から勉強を始め(当時偏差値38)1年間の自宅浪人を経て早稲田大学に合格。その後も勉強を続け勉強法を研究し、予備校に通わず参考書で合格する方法をブログやメールマガジンで発信している。