速読英単語上級編とCDの使い方

速読英単語(2)上級編 [改訂第3版]
この記事を書いている人
よなたん(与那嶺隆之)
偏差値38の状態から参考書学習による独学で早稲田大学に合格。受験生に効率の良い勉強法を伝える「独学ラボ」を運営。参考書・勉強法研究家。自身で学習塾を経営する傍ら、学習塾・予備校のコンサルティングも請け負う。

『速読英単語必修編』を勉強して、さらに二次試験・難関大対策として長文を読み込みたい。

そんな人におすすめなのが『速読英単語 (2)上級編 [改訂第3版]』です。

これは名前の通り速単の上級バージョンで、難しい英文と単語を勉強していきます。

人気の参考書なのでとりあえず勉強している人は多いですが、難関レベルなので使う人を選びます。

センター対策とか、マーチレベルの対策には使えないと思います。背伸びして使っている人は多いので、使い方には注意が必要。

またCDを使っていない人も多いですが、CDもしっかり使ってほしい。

速単上級の使い方を解説してみましょう。

スポンサーリンク

 

基本スペック

  • [ジャンル]単語帳+長文読み込み集
  • [問題数]英文50題
  • [難易度]最難関:難関大二次レベル
  • [必要学力]センター9割、マーチ合格点
  • [到達レベル]難関大の長文が読める
  • [勉強期間]2か月
  • [使用目的]難関レベルの語彙・読解力を身につけるため
  • [勉強目標]各英文をスラスラ読める
  • [対象者]難関大受験生

速読英単語は最難関大学向けの長文集で、ボリュームもたっぷりです。使用期間は2ヶ月くらいを見積もっておいた方がいいでしょう。

速読英単語上級編はどんな人が使うべき?

個人的には、早慶上智、東大京大など最難関大学の英語を攻略するために使用するべきだと思います。

例えば、すでにマーチレベルの英語なら余裕で読めるけど、早慶レベルの英文だと苦戦する…

そういう人が、難しい英文に慣れる・難単語もガッチリ覚えてしまう、そういったときに使用するといいでしょう。

すでに早慶レベルの英語も普通に読める人ならば、速単上級をやってもいいですが、先に問題集をやった方がいいかもしれません。

逆に、センターしか受けない人とか英語がそこまで難しくない試験を受ける人が背伸びして使うのは非効率です。そういう人は普通に長文問題集とか演習をした方がいいですね。

スポンサーリンク

速単上級の使い方

  1. CD『速読英単語(2)上級編CD [改訂第3版]対応』を使って音読するのが基本。
  2. 英語音読の方法」を読んでその通りに勉強する
  3. まずは単語の発音、アクセントを聴いて覚える。
  4. 単語のクイックレスポンスを行う
  5. 構造把握・精読を行う
  6. リピーティング、サイトトランスレーションなどを行う
  7. Read&Lookupや日→英トランスレーションなどを行う
  8. シンクロリーディング、シャドウイングなどを行う
  9. 同時通訳をしてみる

このレベルで同時通訳が出来るようになると、かなりの読解力が身につくことになるでしょう。

結局英語は「慣れ」です。早慶東大レベルの英文がなかなか読めるようにならないと思う人は、難しい英文を大量に読んで、このレベルの英語が「当たり前」になるようにしてしまえばいいのです。

興味ある方は第2版も読んでみよう

ずっと前の改訂前の『速読英単語(2)上級編 [増訂第2版]』は早慶の入試英文のみが収録されたもの。

ここまで来ると趣味の領域になるかもしれませんが、古本屋で見つけたら持っておいても面白いと思います。

スポンサーリンク

速読英単語(2)上級編 [改訂第3版]

参考になったらぜひシェアをお願いします!

2 件のコメント

  • 浪人生の者です。早稲田社会学部と教育学部を目指しています。現役の頃はシス単で今は塾に指定されたターゲットを使用しています。2つともも既に全部暗記していて、小テストでも全て満点を取っています。独学ラボさんが単語を最速で覚える方法のページで紹介されていた無料の単語語彙診断のHPの方では7500を超えていました。読み込みのために速単を始めたいのですが、今の自分の実力では、個人的には必修編をやらずに(CDも買うと値段も馬鹿にならならいですし…)上級、リングメタリカに繋げて大丈夫だと思っているのですが、意見を聞かせてもらえませんか?よろしくお願いします。

    • 上級から入っていいと思います。というか英単語系はもう十分すぎるので長文対策をしっかり行ったほうがいいと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    与那嶺 隆之

    高3の9月から勉強を始め(当時偏差値38)1年間の自宅浪人を経て早稲田大学に合格。その後も勉強を続け勉強法を研究し、予備校に通わず参考書で合格する方法をブログやメールマガジンで発信している。