この記事を書いている人
よなたん(与那嶺隆之)
偏差値38の状態から参考書学習による独学で早稲田大学に合格。受験生に効率の良い勉強法を伝える「独学ラボ」を運営。参考書・勉強法研究家。自身で学習塾を経営する傍ら、あらゆる学習塾・予備校のコンサルティングも請け負う。

ここではコメント欄にてあなたの受験の合格報告!受験報告などをお待ちしています。合格した人は合格の喜びや、大学進学後やりたいこと、ブログやメルマガの感想などなど書いてもらえるとうれしいです。

合格報告だけじゃなくて不合格の報告でもOKです。僕は不合格体験も重要だと思っています。なぜなら、受験生にとって「やったほうがいい勉強」よりも「これだけはやっちゃダメ!」という事を知っておいたほうが合格につながるからです。

僕も不合格になったことがあるし、でもそこから学ぶこともたくさんありました。今でも受験生に話して響くのは合格体験以上に現役の時の失敗体験だったりします。ぜひ後輩のためにあなたの体験記を書き留めていただければと思います。

そもそも、大学受験における不合格は僕は失敗ではないと思っています。本当の失敗があるとすれば、自分のダメだったところ、よくなかったところと向き合わず、克服しようとせずにそれに絆創膏を貼って無かったことにする事だと思っています(それも長期的に見れば学びだったりしますが)。

だから大学受験で失敗しようが不合格になろうが、その後でまた再チャレンジ!頑張って行けば何も問題ないと僕は思っています。ぜひ自分の体験記を書いた上で「次はこれに向かって頑張っていくぞ!」と宣言していってくださいね。

  • 合格大学・学部
  • 学年(現役・浪人)
  • 受験してよかったこと
  • 大変だったこと
  • 後輩に伝えておきたいこと

などを書いて頂けると嬉しいです♫(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク

空に伸びる桜

参考になったらぜひシェアをお願いします!

10 件のコメント

  • 一般あと3点足りず落ちました。一問3点以下はないのであと一問正解してれば合格点数には到達してました。
    今年はなぜか僕の受けたい学部の受験人数が多く募集人数も減ってました。 言い訳なのは分かってますが何で今年に限って・・・。
    中々気持ちを切り替えれません。 親には浪人は駄目だと言われました。 第三期を受けますが失敗しそうで怖いです。

    • 気持ちを切り替えるためにぜひここで合格を宣言しましょう!!
      終わったことはいくら考えても仕方がありません。修正箇所だけ確認して「次はこうするぞ!!!!」と宣言して、
      そして今この瞬間からやっていきましょう!!

      周りの受験生もそうやって落ち込んだり不安に飲み込まれそうになったりしてます。みんなだいたい同じです。
      だからこそ自分がとことんやれば絶対大丈夫ですから!!!!!( ・`ω・´)
      気合い入れてやっていきましょー!!僕も全力で応援してますので!

  • 初めまして。
    今年、現役で納得いく結果が出せずに浪人を決めたものです。

    浪人するにあたって知っておいた方が良いことを探していたところ、この独学ラボを見つけました。
    記事を何個か読んだところ、僕の勉強は甘かったことを痛感しました。

    よなたんさんのプロセスを素直に取り組んでみたいと思います。

    今年はパスナビの偏差値でいうと57くらいのところ1つしか受かりませんでした。

    一年間頑張って必ず早慶合格します。
    これから質問とかたくさんすると思いますがよろしくお願いします。

    • ご報告有難う御座います!1年間は長いようで本当に短いです。
      今から全力でやっていきましょう!

  • 始めまして。今の所上智総グロ・早稲田文化構想・明治国際日本センターの合格をいただいてます現役独学でやりきりました。 センターは英語満点で、河合の偏差値は英語72国語68世界史68でした。自分は高二の2月に部活を辞めた際顧問に部活辞めたやつで成功したやつはいないと言われまた進路指導部にも早慶の合格者は国公立の併願が多いと言われましたがなんとか彼らを見返せました本当に嬉しいです。早稲田文化構想の合格の際は早稲田政経終わった後そのまま受験会場ですぐ見て飛び跳ねてしまいました。一年間莫大な量の参考書と向き合ったその自信がついていて試験の際はなんの恐れもありませんでした。ライバルは常に昨日の自分でした

  • 一般で落ちてしまいました。
    滑り止めには受かったのですが、どうしても納得いかず後期に挑もうと思います。

    ただ、後期に挑もうと思うまでかなりの時間が空いてしまいました。

    それは、不合格通知が来てから1週間以上気持ちの整理がつかず、やる気が起なかったのでただ寝て起きての生活をしていました。そんな中、学校へ行かなければならない日があり、モヤモヤした気持ちを抱えながら登校しました。そこで偶々私のことを一番気にかけてくれた先生とお話しする機会ができました。担任の先生や、教科担当の先生と違い、単刀直入に「頑張れ、まだやれる。」と一言をいただいた時、私は何をやっているんだと気づかせてくれました。そして、1人で抱えるんではなく誰か1人でも相談することが大切だと今更ながら気づかされました。ふとしたことで、人の意識は変われるんだと実感し、踏ん張ることができそうです。

    これを書いてる今もまだ完全には切り替えはできず不安を抱えて、頭がごちゃごちゃしながら書いているので支離滅裂な文だと思います。こんな長文を読んでいただきありがとうございます。

    後期には必ず合格してみせます。

    • ありがとうございます。こうやって書くのも一歩前進だと思います。
      なかなかやろうと思っても出来ないものだと思いますが、それを自力で頑張る、時には他力も借りてやっていくのが受験勉強だしもっと言えば人生もそうです。
      良い修行をさせてもらってると思って最後まで頑張っていきましょうね!!!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    与那嶺 隆之

    高3の9月から勉強を始め(当時偏差値38)1年間の自宅浪人を経て早稲田大学に合格。その後も勉強を続け勉強法を研究し、予備校に通わず参考書で合格する方法をブログやメールマガジンで発信している。