勉強は1コマ60分?90分がいい?適切な勉強時間を解説してみた!

この記事を書いている人
よなたん(与那嶺隆之)
偏差値38の状態から参考書学習による独学で早稲田大学に合格。受験生に効率の良い勉強法を伝える「独学ラボ」を運営。参考書・勉強法研究家。自身で学習塾を経営する傍ら、あらゆる学習塾・予備校のコンサルティングも請け負う。

おはようございます!よなたんです。
最近5時起きの朝型生活にしています。

やはり早くに起きて午前中に仕事をする方が
能率がグンと高まるのを感じます。

受験生のみなさんも、なるべく早寝早起きを心がけてほしいですね。

それは今日は動画をお届けしますよ。

スポンサーリンク

動画

1コマあたりの勉強時間は僕はけっこう短くても良いと思ってます。
1コマ15分とか30分とか。

短い方が

  • ハードルが下がって勉強に入りやすい
  • 使える時間が45分・・・とか微妙な時間のときも勉強計画を組み込みやすい
  • 短い時間の方が集中力も上がる(長ければ長いほど集中力は下がりがち)

などのメリットがあります。

もちろん!集中してきたら何時間でも勉強すればいいんですが、
まだ勉強習慣が定着してない人は短い時間を何セットもやるといいですよ\(^o^)/

ということで今日はこれで以上!動画もみてくださいね。

ありがとうございました!

スポンサーリンク

参考になったらぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

与那嶺 隆之

高3の9月から勉強を始め(当時偏差値38)1年間の自宅浪人を経て早稲田大学に合格。その後も勉強を続け勉強法を研究し、予備校に通わず参考書で合格する方法をブログやメールマガジンで発信している。