スキマ時間を活用して勉強時間を大幅アップする方法!

スキマ時間活用法
この記事を書いている人
よなたん(与那嶺隆之)
偏差値38の状態から参考書学習による独学で早稲田大学に合格。受験生に効率の良い勉強法を伝える「独学ラボ」を運営。参考書・勉強法研究家。自身で学習塾を経営する傍ら、学習塾・予備校のコンサルティングも請け負う。

おはようございます!
よなたんです。今日も5時に起きて動画を撮影していますよ〜!笑

朝型にすると能率がいつもの2倍くらい上がるので
すごく充実感があります。

受験生にはぜひ朝型オススメってことでスキマ時間にも
効率よく勉強する方法を解説しました!

動画

要点をまとめると

  • 基本は何も持たない!
  • オススメは耳勉!暗記や復習がオススメ
  • 1分を圧縮しよう!
  • スキマ時間で1時間2時間と勉強時間を増やす!

 

基本は何も持たない(最小限)

電車とかで単語帳とペンを持って頑張って覚えてる人をよく見るんですが、
混んでるときとかなにかにつけて時間かかると思うんですよね。
気を遣うし。

電車乗り降りのたびにカバンにしまって、
また出して、、、というのも面倒だし時間かかる。

だからなるべくペンは持たない。単語帳のみ。
教科書のみみたいな。

そんな感じでやるといいですね。究極オススメは次に紹介する耳勉。

耳勉がかなりオススメ!

iPodやボイスレコーダーを使えばいつでもどこでも勉強できます。
英単語のCDとか。速単CDとか。
自分で吹き込んだ音声とか。

こういうのを常日頃聞いていれば「1秒」で勉強を始めることが出来ます。
そして1分あれば単語であれば60個は見れます。
10分で600個見れます。

ちょっとした移動時間、休憩中、
諸々合わせると多分スキマ時間って1時間2時間くらいあるんで、
そういう時に常に音声を聞いてながら勉強をしていても
実はかなり反復できますよ。

浪人生なら一日中音声を聞いてるくらいのノリでやるのはオススメ!
僕はこの方法使って毎日10時間〜16時間やってました。

1分を圧縮しよう!

受かるためには1分間の勉強密度をとことん圧縮することです。
1分あれば60項目は見れてますか?サクサクやれてますか?

ダラダラやっても勉強はダメですよ。
受かりません。人によって1分の重みも密度もやれる量も違います。

1分を大事にして圧縮するようにしましょう。

スキマ時間で勉強時間を増やそう!

まだまだ勉強時間が足りない人へのオススメは
机に座る時間を増やすのではなくスキマ時間中の勉強を増やすこと。

この方はエネルギーもかからないし、
5分だけなら、、、とやりやすいし。

ちりも積もれば、、、ですね。ぜひ5分とか1分とかいう単位で
勉強を細切れにしてみてください。

気づけば毎日1時間は増えてたりしますよ。
特に高校生はスキマ時間を制することが出来るかがかなり重要です!

是非実践してみてくださいね。
それではありがとうございました!

スポンサーリンク

スキマ時間活用法

参考になったらぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

与那嶺 隆之

高3の9月から勉強を始め(当時偏差値38)1年間の自宅浪人を経て早稲田大学に合格。その後も勉強を続け勉強法を研究し、予備校に通わず参考書で合格する方法をブログやメールマガジンで発信している。