東大生との対談で思ったこと。受験や勉強法って…【ブログ限定】

東京大学本郷キャンパス安田講堂 改修中
この記事を書いている人
よなたん(与那嶺隆之)
偏差値38の状態から参考書学習による独学で早稲田大学に合格。受験生に効率の良い勉強法を伝える「独学ラボ」を運営。参考書・勉強法研究家。自身で学習塾を経営する傍ら、学習塾・予備校のコンサルティングも請け負う。

こんにちは。昨日は東大キャンパスで、友人であるT君と対談音声を撮りました。

彼とは勉強のことでかなり話が合い、ところどころで言葉が被ってかなり面白かったです。

  • 東大に入る奴はこんなマインドセットで受験している
  • 東大生でも上手く行かないことは多い?勉強するときに意識しておくべき重要なこと
  • 失敗なんてない?受験に勝つ奴の意識の持ち方
  • 優秀な人間ほどマインドを重要視している。三流はノウハウだけ求める
  • 高1から高2で何をしていたのか。
  • 英語の勉強で大切なこと
  • 数学の勉強で絶対に欠かしてはいけない意識と勉強法
  • これだけ覚えてればいい。全ての科目・参考書で応用できる復習の考え方

こんなことを話したのですが、まだまだ話し足りません。なんせ、高2までの勉強で時間切れになり、まだ高3に入ってからの勉強について話が出来ていませんから(笑)また対談をお願いすることになると思います。

スポンサーリンク

まずは大学に行け!話はそれからだ

僕が最近よく言っていることに「まずは志望大学に実際に行ってみろ!」ということです。

もちろん地理的、金銭的に難しい人もいるでしょう。でも飛行機代とか新幹線、夜行バス代くらいは出す価値あります。

それくらい、実際に大学に行って、雰囲気を肌で感じることは大切です。その後のモチベーションについても比べ物にならないくらい得られる物があるはずです。というか、行きたい大学のこと知らないってやばいと思うんです。モチベーションなんて湧かなく無いですか?知らないんだから。

やる気がすぐに無くなったり、すぐに心が折れる人は、本当に自分が志望大学に行くんだって明確なイメージを持てていないことが多い。だからまずは大学に行きましょう。

具体的にはその後の勉強時間も100時間とか200時間とか、まだ受験まで1年以上ある人ならヘタしたら1000時間くらい変わってくるかもしれません。人によってはそれほどのインパクトが有るでしょう。

東大に行きたいなら東大にまずは行ってみろ。なんなら大学に行ってみようって企画もやります。

大学に行って、その辺歩いている大学に声掛けてみましょう(笑)そんな面白い受験生はあまり多くありませんから、大学生の方も面白がって話をしてみるかもしれません。

とにかく飛び込んでみる、冒険してみることの重要性

最近こういうメールがきました。

本番に弱くて緊張してしまいます。どうすればいいですか?

もちろんいろんな対処法がありますが、1つはいろんな経験をするということ。今までやったこと無いことにチャレンジしてみること。

だって緊張するというのはたいてい「非日常」だからでしょう。人前で話すことが非日常だから緊張する。でも毎日10時間人前で話す仕事をしていたらどうですか?緊張なんてしなくなるでしょう。

試験で緊張するのもだいたい一緒。試験慣れしてないだけです。だから今のうちにガンガン緊張する経験をして下さい。模試を受けるのは最高の方法ですよね。出来るだけ学校内じゃなくて学校外で受けて下さい。その方が緊張するから。

学校内のぬるい雰囲気で受けても試験慣れは出来ません。非日常に飛び込んで冒険するからこそ経験値が増えるわけです。

とにかく大学に行くというのもその一貫です。

  • 今までの自分なら学校サボって大学行くとか無理…
  • しかも大学の授業潜るとか怖い…大丈夫なの?
  • その辺歩いている大学生に声かけてみるとか無理…
  • 大学生ナンパするとか無理…(笑)

だいたい全部無理とか思うわけでしょ?だったらやってみれば最強になれる気がしないですか?(笑)ナンパとかしちゃっても面白いですよね。東大生ナンパしてみて友達になっちゃえば最強ですよマジで。

色々話聞くことで東大が身近になるし、勉強するときに持っておくべき意識を教えてもらえるかもしれません。勉強を教えてもらえるかもしれません。

今までの自分ならやれなかったことをやってみる。これって「成長」そのものじゃないですか?

一見勉強に関係ないことかもしれませんが、めちゃめちゃ関係あります。大学潜る、サークルに飛び込んでみる、ナンパしてみる(笑)それくらいできるなら、受験だって出来ますよ。

 

ということで、皆さんにも出来る課題としては、「毎日プチ冒険してみる」ということです。僕も毎日何か初挑戦してます。冒険してます。それを積み重ねることでどんどん成長しますし、毎日充実します。

ぜひやってみてくださいね。

 

編集後記:東大安田講堂は改修中…涙

本郷キャンパスの安田講堂前の芝生で…とか考えてたんですが、なんと安田講堂は改修(?)中で、芝生もロープが張られて座れなかった…笑

写真は安田講堂。まぁ昨日はとても良い天気で、東大構内も落ち着いていてとても居心地が良かったです。今度は三四郎池も見てみよう。

東京大学本郷キャンパス安田講堂 改修中

東大生いわく、もう1年以上こんな状態だそうです。早く終わればいいですね。

東京大学本郷キャンパス医学部校舎

こちらは医学部(多分)。今度は理三生とか捕まえて話聞きたいですね。

 

今日の18時から勉強プログラムの告知を始めます。気になる方は忘れずにチェックしておいて下さい。

スポンサーリンク

東京大学本郷キャンパス安田講堂 改修中

参考になったらぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

与那嶺 隆之

高3の9月から勉強を始め(当時偏差値38)1年間の自宅浪人を経て早稲田大学に合格。その後も勉強を続け勉強法を研究し、予備校に通わず参考書で合格する方法をブログやメールマガジンで発信している。