勉強部屋が汚い人は落ちる!?空間をキレイに整えてやる気を高めよう!

この記事を書いている人
よなたん(与那嶺隆之)
偏差値38の状態から参考書学習による独学で早稲田大学に合格。受験生に効率の良い勉強法を伝える「独学ラボ」を運営。参考書・勉強法研究家。自身で学習塾を経営する傍ら、あらゆる学習塾・予備校のコンサルティングも請け負う。

こんにちは!よなたんです。

今日はやる気を上げるコツを動画で解説したのでシェアしますよー。

スポンサーリンク

動画

 

ポイント1:勉強の邪魔になるものを排除する!

集中力が無いとかやる気が無いという人は環境に鈍感です。まず自分の勉強のやる気を奪ったり、集中を阻害するものを部屋から排除すべき。

  • 漫画
  • スマホ
  • ゲーム
  • 思い出物(文集、卒アル、手紙、、、つい見てると浸ってしまうもの
  • 楽器
  • ラジオ
  • パソコン
  • その他勉強の邪魔をするもの

 

ポイント2:我慢しなくていい環境を作る!

例えば上に書いたものがあると、「やりたい、でも勉強しなきゃ」と我慢する事になります。

我慢は非常にストレス。我慢するだけで勉強へのエネルギーは使ってしまいます。だから初めから我慢しなくて済む環境を作ることを意識しましょう。だから余計なモノは全て片付けてしまう。

要は自宅の勉強部屋を図書館や自習室並みに「勉強道具以外は何もない状態」にするのがコツ。

何もなければ「ゲームしたいな」とも思わなくなる(意識しなくなる)のでストレスもかからないし我慢する必要もない。その分自然と勉強に集中できるようになります。

 

ポイント3:常に掃除をしよう!

やはり集中できる環境というのは常に清潔・整理整頓された空間です。

きたない、くさい部屋で集中は出来ませんし長続きしません。カフェのような、図書館のような、整理整頓されたきれいな空間を維持しましょう。

そのためにオススメなのが勉強前と勉強後の3分掃除

  1. 勉強する前に机の上、周りを片付ける
  2. 勉強する
  3. 終わったら消しカスや紙など捨ててキレイにする
  4. 1日の終りには整理整頓してピカピカにして次の朝を迎える

溜まってから掃除ではなくてそもそもたまらないようにする。勉強しながら掃除するくらいでもOK。

例えば単語暗記なんかはCDを聞きながらでも掃除できます。掃除はカラダも動かすし良い気分転換になるので、休憩時間や暗記しながら掃除を常にするといいですよ。

特に浪人生は積極的に家事をしてください。皿洗い、お風呂を洗う、掃除機をかける。自分から主体的に掃除をしていくことで自分も家族も気持ちよく過ごせますし、結果的に勉強も捗るようになります。自宅で勉強している人は勉強のためにそうじをするくらいの意識でやってみてください。

本当に勉強全体が充実したになると思いますよ。

 

スポンサーリンク

参考になったらぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

与那嶺 隆之

高3の9月から勉強を始め(当時偏差値38)1年間の自宅浪人を経て早稲田大学に合格。その後も勉強を続け勉強法を研究し、予備校に通わず参考書で合格する方法をブログやメールマガジンで発信している。